5%テストステロン皮膚外用剤(1UPフォーミュラ)について | 日本メンズヘルス医学会

最新情報
最新情報

5%テストステロン皮膚外用剤(1UPフォーミュラ)について

テストステロン治療認定医各位

テストステロン治療認定医の先生方に、堀江重郎が一般社団法人1UP学会(片山成仁理事長)と開発した5%テストステロン皮膚外用剤(1UPフォーミュラ)を、自費診療でお使いいただくことが可能になりました。
この皮膚外用剤については薬局における成分の用事調製(院内での軟膏調合に準じる形)で当局の指導を受けております。


①テストステロン・ゲルの処方を希望される治療医はまず1UP学会に登録いただく必要があります

info@1up.or.jp宛に各先生よりご連絡いただけますでしょうか。
メール題名:「【医療機関名】1UPフォーミュラ処方について」としていただき。
メール本文に、
■医師名
■所属医療機関名
■医療機関住所
■ご連絡先(mail)
■ご連絡先(電話)
をご記載ください。

②テストステロンゲルの処方方法として 薬剤名と用量を正確に記載した(【別紙】1UPフォーミュラー処方参照)調剤を院外処方箋で作成し、下記の調剤薬局(オールインワン薬局)宛にFAXください

オールインワン薬局の連絡先です、1up学会から先のメールのご返信にてご案内します。
————————————-
オールインワン薬局
佐藤薬局長
電話:050-3734-5571
FAX:03-6811-0415
メール:msato@seijin.org
————————————

【別紙】1UPフォーミュラー処方

③オールインワン薬局から、Paypalなど代金引換で、患者の自宅へ郵送します

同様に支払い方法について返信メールでご案内いたします。

④ゲルの浸透によるテストステロン値の変動については個人差があります。

・FTU(Finger Tip Unit)(約2cm)でテストステロンは約20mgです
・陰嚢が一番吸収が良いですが、大腿内側も比較的吸収が良いです。腕や腹部は吸収は低いです
・朝塗布をして一定時間後のフリーテストステロン値をチェックください。
・副作用、血色素値、肝機能についてのモニターを月1度を目安にお願いします

1UPフォーミュラに関するお問い合わせ先

1UP学会窓口:info@1up.or.jp


PAGE TOP
TOPへ