よくある男性の病気 | 日本Men’sHealth医学会

よくある男性の病気
よくある男性の病気

よくある男性の病気

  • 勃起不全(ED)とは

勃起障害(Erectile dysfunction;ED)とは、満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態です。このような状態が少なくとも「3ヶ月持続すること」を診断の条件としています。ただし、外傷や手術(根治的前立腺全摘術など)などによるEDの場合に限っては、3ヶ月以前に診断できるとしています。
EDは原因の性質により、器質性と機能性に分類され、治療法も異なります。日本における有病率は、40代が20%、50代が40%、60代が60%と高く、ED患者は1000万人近いと考えられています。

  • 男性更年期障害とは

LOH症候群の原因は男性ホルモン:テストステロンの低下です。男性ホルモンは20歳代にピークを迎えてから徐々に低下していき、加齢とともに症状が現われます。
LOH症候群は身体的には全身の疲労感や倦怠感、性欲低下、ED(勃起障害)、不眠、肩こりなど、精神的には気力の衰え、集中力の低下、イライラ、抑うつなど、症状は多岐にわたります。

  • 前立腺がんとは

前立腺がんは前立腺の辺縁(外周)部に発生することが多いがんです。初期のがんでは、特に症状はありません。排尿の異常など他の理由で泌尿器科を受診したり、また健康診断で腫瘍マーカーであるPSAの異常を指摘されることにより発見されることが多くあります。腫瘍が進行すると前立腺肥大症と同じような排尿困難や血尿を起こします。さらにがんが膀胱へと拡がると尿管を圧迫し、水腎症となります。前立腺がんは特に骨に転移しやすく、転移部位に痛みや骨折を起こります。また脊椎骨に転移した場合、転移巣が脊髄を圧迫して麻痺症状が出ることがあります。

  • 前立腺肥大症とは

前立腺肥大とは、加齢に伴い前立腺を通る尿道の周囲に結節(しこり)が生じ、さらに前立腺の体積が大きくなること(腫大)です。しかし、前立腺の体積が同年齢の平均よりも大きいことに病的な意義がありません。しかし、腫大した前立腺が通常は尿が出るときに、拡がるはずの尿道がよく拡がらなくなり、尿の出が悪かったり、尿を出し切れない感覚(残尿感)などを感じる状態(排尿困難)があってはじめて前立腺肥大症と呼びます。また前立腺の体積の腫大がなくても、排尿が困難な場合に、前立腺肥大症に含めることがあります。従って男性では、脳神経系の異常による排尿障害が除いた排尿障害を前立腺肥大症と総称することが多いですが、排尿症状は前立腺の大きさとは必ずしも関係がないために、むしろ下部尿路症候群などと呼ぶ動きもあります。前立腺が大きいと触診で診断されただけで症状が伴わなければ、前立腺肥大症とはされません。

  • 膀胱がんとは

膀胱癌は、膀胱粘膜上皮より発生する癌で、組織学的には主に移行上皮癌が多くあります。腎盂癌、尿管癌も移行上皮癌が多く、癌として似た性格をもっています。女性より男性に発生する場合が多く、喫煙が大きな発症要因です。また印刷業や美容師、化学工場で有機溶媒の使用などに従事していた方に発癌の頻度が高く職業癌としても位置づけられています。癌でよく言われる家族性(遺伝性)のものは少ないです。
症状は痛みのない血尿(多くは肉眼的:尿の色でわかるもの)での受診でわかることが多いです。また尿が近くなる(頻尿)や排尿後の不快感、尿の我慢がきかない、といった膀胱炎を思わせる症状を訴えることもあります。このため、抗生物質の投与を受けても症状が軽快しない場合は膀胱癌の可能性があります。進行した膀胱癌では癌が膀胱の筋肉の層まで広がり、尿管を圧迫するため、尿路が塞がれ腎盂尿管が拡張する水腎症となり腎機能が低下します。

  • 尿路結石症とは

尿路結石は主に腎臓で尿中のカルシウムや尿酸などの無機質の結晶とたんぱく質などの有機物が固まってできます。尿路結石の構成する成分は、カルシウム(蓚酸Ca、リン酸Ca)が約80%で最も多く、次いでリン酸マグネシウムアンモニウム7.4%、尿酸5.2%、シスチン1.0%、その他7.0%となっています。
尿路結石の原因は尿の流れの停滞や代謝異常症などの内科の病気・薬剤による影響なども考えられますが、直接的な原因がわからないことも多いです。内科疾患では海綿腎、原発性副甲状腺機能亢進症や尿細管性アシドーシスに伴ってみられることがあります。また長期臥床状態や運動状態に制限のある場合は、尿流停滞や尿路感染を惹起して尿路結石を作りやすくなると言われています。その他に、内科の代謝異常症として痛風や副甲状腺機能亢進症や、クッシング症候群、骨粗鬆症、膠原病や、サルコイドーシス、腸疾患(クローン病などの炎症性腸疾患、広範囲の小腸切除)などによる高蓚酸尿によっても尿路結石症の発症する危険性が高くなります。


PAGE TOP