第18回日本Men’s Health医学会 男性の機能性食品セミナー2018 | 日本Men’sHealth医学会

学会情報
学会情報

第18回日本Men’s Health医学会 男性の機能性食品セミナー2018

日 時 2018年7月15日(日) 16:20~17:50 (16:00受付開始)

会 場 日本科学未来館7階 未来館ホール(第1会場)

主 催 日本Men's Health医学会

座 長 中神啓徳(大阪大学大学院医学系研究科健康発達医学寄附講座)

    武田典子(茨城県薬剤師会常務理事、つくば薬剤師会会長)

【男性の機能性食品セミナー2018のみの参加費】 ¥3,000

※参加費の徴収は未来館ホール前の「男性の機能性食品セミナー2008」受付にて行います(現金のみ)。


※第18回日本Men's Health医学会に参加されている皆様全員(医師、メディカルスタッフ、医学部学生、日経ビジネスと日経Goodayをご覧になった皆様、アンチエイジングネットワークの関係者様、株式会社ティップネス関係者様、ボディビルダー協会関係者様、ウェルシア関係者様、メディア登録された皆様、ほか学会の参加証をお持ちの方全員)は無料でセミナーに参加できます。


※事前の参加申し込みは必要ございません。直接会場にお越しください。
 

■タイムスケジュール 

16:20~16:25  開会の辞
16:25~16:35

「妊孕性に対するサプリメントの可能性
 ~抗酸化成分による精子への作用から~」

 愛宕 世高

 (ロート製薬株式会社医薬開発部)

16:35~16:45

「小林製薬の男性更年期サプリメント
 ~海馬にも海綿体にも血流求め~」

 伊藤 雄気

 (小林製薬株式会社通販事業部研究開発部ヘルスケア開発G)

16:45~16:55

「ペルー産のマカが約30年間の日本での系統選抜で最強野菜に!」

 萩原 章史

 (株式会社食文化代表取締役)

16:55~17:05

「サプリメント「効年」による男性更年期症状の改善効果」

 坪川 雅哉

 (株式会社ファンケル総合研究所ヘルスサイエンス研究センター)

17:05~17:15 休 憩
17:15~17:25

「マンゴスチンエキスの抗糖化作用」

 前嶋 一宏

 (日本新薬株式会社機能食品カンパニー食品開発研究所)

17:25~17:35

「タマネギ含流アミノ酸摂取による男性更年期症状改善効果」

 稲川 裕人

 (日清ファルマ株式会社ヘルスケア事業部)

17:35~17:50

「Men's Healthのための腸活」

 金谷 忠

 (森下仁丹株式会社ヘルスケア事業本部ヘルスケア研究開発部)

17:45~17:50  閉会の辞

 

協賛企業:ロート製薬株式会社、小林製薬株式会社、株式会社ファンケル総合研究所、日本新薬株式会社、日清ファルマ株式会社、森下仁丹株式会社、アンファー株式会社


PAGE TOP