テストステロン補充療法認定講習会 開催報告 | 日本Men’sHealth医学会

最新情報
最新情報

テストステロン補充療法認定講習会 開催報告

今回の、第19回日本Men’s Health 医学会・第10 回テストステロン研究会(会長:大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学 教授 森下 竜一)では、初めてのテストステロン補充療法認定講習会が開催され150名の参加のもと、開催されました。

 

これは、日本Men's Health医学会におけるテストステロン治療認定医制度導入に向けた講習会です。概要は、以下の通りです

1.講習会の受講

2.基幹学会専門医であること→医師の場合は、日本医学会の分科会の専門医または認定医の資格、日本専門医機構認定専門医の資格、産業医の資格のいずれかを持つもの

3.当学会の会員で年会費を納入済であること

※申請費用:5000円※認定期間は暫定的に2年間とする。

※申請方法につきましては、現在検討中です。
 決定次第、HP掲載および会員の先生方へメールにてご連絡させていただきます。

第1回目の講習会では、以下の6つのセッションが実施されました。それぞれのセッションについては、記録用としてYouTubeにて動画を限定公開しています。記録用のため音声が聞き取りにくい場所があることはご了承下さい。

 

1.テストステロンと男性の健康:堀江 重郎(順天堂大学) 

 

2.テストステロンと代謝:ジュリアス・フィンク(順天堂大学) 

 

3.テストステロンの測定法:堀江 重郎(順天堂大学) 

 

4.テストステロン補充療法のエビデンス:井手 久満(獨協医大埼玉病院埼玉医療センター)

 

5.テストステロン補充療法症例検討:堀江 重郎(順天堂大学)・井手 久満(獨協医科大学埼玉医療センター) 

 

6.ボディービルダーでのテストステロン補充療法・ジュリアス・フィンク(順天堂大学)

 

講習後アンケートを実施し、今後のテストステロン補充療法認定をよりよいものとするための参考にさせて頂きます。アンケート結果については、別途ご報告させて頂きます。

図2 図1

図3 図4

 

 


PAGE TOP